Albert Grivault Meursault Perrieres / アルベール・グリヴォー・ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール2016
Albert Grivault Meursault Perrieres / アルベール・グリヴォー・ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール2016
Albert Grivault Meursault Perrieres / アルベール・グリヴォー・ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール2016
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Albert Grivault Meursault Perrieres / アルベール・グリヴォー・ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール2016
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Albert Grivault Meursault Perrieres / アルベール・グリヴォー・ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール2016
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Albert Grivault Meursault Perrieres / アルベール・グリヴォー・ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール2016

Albert Grivault Meursault Perrieres / アルベール・グリヴォー・ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール2016

通常価格
¥23,100
販売価格
¥23,100
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込


商品紹介

Albert Grivault(アルベール・グリヴォ):特級昇格を待つクロ・デ・ペリエール/忍耐の必要なミネラル派のムルソー

もしもムルソーに特級畑が認められるとすれば、真っ先に名前が挙がるクリマがクロ・デ・ペリエール。

ペリエールの優位性はよく知られたところだが、斜面上部のペリエール・デュシュと下部のペリエール・ドゥスゥでは後者のほうが格上。

さらにそのど真ん中に位置するクロ・デ・ペリエールこそ特級にふさわしい。
石垣に囲まれた0.95haの小さな区画。この畑から鋼のように強靭なミネラルと、濃密な凝縮感をもつ白ワインが生み出されるのだ。

クロ・デ・ペリエールはドメーヌ・アルベール・グリヴォーのモノポール畑。今日、ドメーヌを運営するのはアルベールグリヴォーの孫にあたる、ミシェル・バルデ夫妻である。

クロ・デ・ペリエールのほか、通常のペリエール、村名ムルソー、ブルゴーニュ・ブラン、ポマール1級クロ・ブランの5アペラシオンに、合計6haのブドウ畑を所有。

白でも長期熟成の可能なワインがこのドメーヌの方針で、とくにクロ・デ・ペリエールにいたっては10年でも20年でも問題なく寝かしておくことができる。なおかつ熟成が頂点に達した時の素晴らしさは、この世のものとも思えない幸せが味わえるだろう。

白ワインの醸造法は、手摘みしたブドウを圧搾し、オーク樽で発酵。新樽率は村名ムルソーで10%、1級ペリエールとクロ・デ・ペリエールが20%、ブルゴーニュ・ブランは古樽のみ。熟成期間はすべてのアペラシオンにおいて11ヶ月だ。
村名ムルソーはオー・クロという区画のもの。ブルゴーニュ・ブランの畑もムルソー村の中にあり、凡百なブルゴーニュ・ブランとはひと味異なるリッチさとミネラルが味わえる。ペリエールとクロ・デ・ペリエールの違いは粘土の強さ。クロのほうにより多くの粘土が含まれ、リッチなボディを形成する。

タイプ
白ワイン
原産国
フランス
原産地
ブルゴーニュ地方
品種
シャルドネ
容量
750ml
コルク
土壌
粘土石灰質
度数
13
特徴
じつは虎の子のクロ・デ・ペリエールよりも平均樹齢が高く、緊張感が支配するクロに対して、よりムルソーらしい包容力を感じさせる。
畑にごろごろ転がる小石の効果でブドウはよく熟し、リッチな味わい。石灰質の強いミネラルがバランスをとる。

お客様の声

※レビューは、850字以内でご入力ください。
※レビューは、スパム対策やいたずら防止のため、内容を確認後ページへ掲載いたします。