Philippe Pacalet Pommard 2018/ フィリップ・パカレ・ポマール 2018
Philippe Pacalet Pommard 2018/ フィリップ・パカレ・ポマール 2018
Philippe Pacalet Pommard 2018/ フィリップ・パカレ・ポマール 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Philippe Pacalet Pommard 2018/ フィリップ・パカレ・ポマール 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Philippe Pacalet Pommard 2018/ フィリップ・パカレ・ポマール 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Philippe Pacalet Pommard 2018/ フィリップ・パカレ・ポマール 2018

Philippe Pacalet Pommard 2018/ フィリップ・パカレ・ポマール 2018

通常価格
¥13,750
販売価格
¥13,750
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込


商品紹介

Philippe Pacalet(フィリップ・パカレ):「ディーヴ・ブテイユ」等サロンでも相変わらず大人気 の「フィリップ・パカレ」。
近年の「フィリップ」のワインは 「難しさ」が抜けて「幸せな美味しさ」。 故「マルセル・ラピエール」を叔父に持ちディジョン大 学で醸造学を学んでいた時に醸造家であり自然な醸 造を体系化した「ジュール・ショヴェ」に師事した。
「ジュール・ショヴェ」に学んだヴィニュロンは数多いが 「フィリップ」が最後の教え子で全てを学んだと言われている。
『ジュール・ショヴェとマルセルに全てを学んだ。彼等 の経験や知識こそが財産。それ以上のことは何もない。ワイン造りは実はシンプルなもの』

その後、「プリューレ・ロック」の醸造を 10 年間担当。 彼が「プリューレ・ロック」で造ったワインを一緒に飲む 機会があった。
『プリューレ・ロック時代は栽培も醸造も迷いがあっ た。香も口中も素直な美味しさがない。今の僕のワ インとプリューレ・ロックは全く違う』

D.R.C から醸造責任者の誘いもあったようだが、 2001 年「フィリップ・パカレ」として独立した。「ヴァン・ナチュール」の代表のように語られる「フィリ ップ・パカレ」。実際には自身が行うワイン造りは全て 化学で証明出来ると考える理論派。
『必要ない化学薬品を捨てる為にはワインに関する 化学を全て知るしかない』
「ジュール・ショヴェ」の言葉。「フィリップ」の大好きな 言葉で毎回会話に出てくる言葉。彼が造りたいのは 土壌を表現したワイン。

『土壌を表現する為に自然酵母が必要。自然酵母 を育てるにはバクテリアや微生物が必要。化学薬品 を使わないサイクルができあがれば何も加える必要 がなくなる』
近年の「フィリップ」は以前のような緊張感が消えてワ イン造りを楽しんでいるかのよう。畑でもセラーでも葡萄やワインを理解できているからだそう。

タイプ
赤ワイン
原産国
フランス
原産地
ブルゴーニュ地方
品種
ピノ・ノワール
容量
750㎖
コルク
特徴
ポマールにある5区画の畑のアッサンブラージュによるワイン。
全ての畑は平地ではなく丘陵部にあり、比較的暖かいテロワールなので熟度が高く、適度なスパイシーさを持ちながらも、若い内から開いていて女性的とさえ言える。
上品さを意識して造っている。

お客様の声

※レビューは、850字以内でご入力ください。
※レビューは、スパム対策やいたずら防止のため、内容を確認後ページへ掲載いたします。