LA VRILLE ET LE PAPILLON Kairos / ラ・ヴリユ・エ・ル・パピヨン カイロス
LA VRILLE ET LE PAPILLON Kairos / ラ・ヴリユ・エ・ル・パピヨン カイロス
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, LA VRILLE ET LE PAPILLON Kairos / ラ・ヴリユ・エ・ル・パピヨン カイロス
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, LA VRILLE ET LE PAPILLON Kairos / ラ・ヴリユ・エ・ル・パピヨン カイロス

LA VRILLE ET LE PAPILLON Kairos / ラ・ヴリユ・エ・ル・パピヨン カイロス

通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込


商品紹介

LA VRILLE ET LE PAPILLON (ラ・ヴリユ・エ・ル・パピヨン):”パピヨン”の所在する北ローヌ、アルデッシュは、自然派天国の様な理想郷だ!
元を辿れば自然派ワイン醸造指導者のジャック・ネポールのアドヴァイスの基、1980年ドメーヌを立ち上げた大御所”マゼル”が、自然派天国アルデッシュの起源と云えよう。 そして、マゼルの畑の一部を譲り受けて2010年からヴァン・ナチュールを造り始めた実力者がシルヴァン・ボック。 さらにシルヴァン・ボックの子分的存在が、この”パピヨン”を立ち上げたメリル・クロワジエールだ。
メリルの2人のお祖父さんは共にぶどう栽培家で、幼い時からワインは身近な存在だった。
ある年いつもの様に収穫と醸造の手伝いをしていた時、突如として彼はワインの魅力に憑りつかれてしまった。 以来、ワイン醸造士の国家資格を取得し、マゼルを皮切りに各地でワイン造りの経験を積み、満を持し2012年自身のドメーヌを設立した。 自然派理想郷で脈々と受け継がれ発展してきた、まさに旬の生産者が造り始めた旬のワイン!
畑はすべてビオ。 野生酵母の自然な働きで発酵、濾過・清澄はせず、SO2も殆ど、或いは全く使用しない。

タイプ
赤ワイン
原産国
フランス
原産地
ローヌ地方
品種
グルナッシュ、シラー
口あたり
ミディアムボディ
容量
750ml
コルク
土壌
粘土質石灰土壌
栽培
ビオ
度数
14
特徴
8日間MCにて発酵・醸し後、細かい澱と共にドゥミ・ミュイ(600L樽)にて9か月熟成。品種ごとに醸造した後ブレンド、ノンフィルター、清澄もフィルターにも掛けず瓶詰め。1400本のみの生産。ダークチェリーの色合い、赤黒果実にスパイス香が混じる香、骨格がしっかりしており心地よいタンニンがほんのりとした樽香と混じり合う。「カイロス」とはギリシャ神話で「時の神様」のこと。このブレンドのキュヴェは元々造る予定ではなく、たまたまブレンドの最中に閃いたので、「ここぞという時に絶好の機会を与えてくれる神様」に擬えて命名。

お客様の声

※レビューは、850字以内でご入力ください。
※レビューは、スパム対策やいたずら防止のため、内容を確認後ページへ掲載いたします。